IEICE HPB第14回研究会@東京電機大

 ヒューマンプローブ研究会(HPB)では,2016年2月18日(木)において,第14回目となります研究発表会を下記の通り開催致します.本研究会では,モバイル通信,センサ解析,GIS,ITS,人間行動学,参加型センシング,インタラクティブデザイン,観光,人と場所のつながりデザイン,などに関連する分野を中心として,分野横断的な研究交流を積極的に進めております.ヒューマンプローブ分野の学術的発展のためにも,是非,ご参加頂ければ幸いと存じます.

開催概要

  • 日時:2016年2月18日(木)10:00〜11:30:招待講演,13:00〜17:00:一般講演発表・ライトニングトークセッション
  • 会場:東京電機大学 東京千住キャンパス(東京都足立区千住旭町5番)
    • 教室 2号館5F 2504教室
    • (2号館受付でHPB研究会参加者出ることを伝え入館カードをお受け取りいただきエスカレータで5Fの2504教室までおこしください。東京電機大学 情報メディア学科 岩井)
    • https://web.dendai.ac.jp/access/tokyosenju.html
  • 参加費:一般3000円,学生無料

発表申込み

  • 論文申込みシステム(右記リンク)からお申し込み下さい.  http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-HPB
  • 一般講演申込み〆切日(2/5)までに,発表タイトル,名前,所属,概要(200字程度)を投稿して下さい.→〆切延長しました!
  • その後,論文投稿〆切日(2/12)までに,講演論文(2〜8枚程度・PDF形式)を投稿して下さい.
  • 今回は卒論修論時期に開催いたしますので学生卒論生中心のライトニングトークセッション(エマージング技術発表会)を募集しています。本セッションには講演論文(1〜2枚程度)からまだ研究として未完成なものもご投稿ご発表いだだけます。「備考」欄にLTセッションへのエントリー希望とご記載ください。発表時間は通常より短めになります。
  • 論文書式は電子情報通信学会に準拠のこと(http://www.ieice.org/jpn/kenkyuukai/shorui.html
  • 論文は日本語・英語どちらでも構いません
  • 発表論文の著作権は著者に帰属します
  • 先進的・萌芽的研究(1〜2枚)の発表も歓迎します!

スケジュール:

  • 2016年1月8日(金): 一般講演申込み・論文投稿サイトオープン
  • 2016年2月5日(金): 一般講演申込み〆切(概要〆切)
  • 2016年2月16日(火): 論文投稿〆切

テーマ: 「都市と人をセンシング」

  • キーワード:旅、モバイルセンシング、人の流れ、ゲーミフィケーション、スマホ、参加型、人間行動認識、AR技術,ITS、観光など

プログラム

10:00 一般受付開始

10:30 開会挨拶    ヒューマンプローブ研究会 委員長 伊藤昌毅

10:35-11:15 招待講演

「W3Cにおける新しいCSSの可能性、標準化プロセスを踏まえて」
BPS株式会社、慶應義塾大学SFC研究所
榊原 寛様

11:15-12:15 一般講演発表機 15分発表・5分質疑): 座長 岩井将行(東京電機大学)

 屮好沺璽肇侫ンのテザリングを用いたどこでも誰でもHotSpotの実現性の検討」
○服部聖彦・単 麟・大和田泰伯・浜口 清(NICT)
◆嵎盥埃團淵咼押璽轡腑鵑妨けたビーコン発信機による簡易屋内位置測位手法の提案」
八木佑侑季・高橋淳二・○戸辺義人(青学大)
「Coded Super-Dense Networks Exploiting Side Information for the Internet-of-Things」
○Khoirul Anwar(JAIST)

12:15-13:15 昼休憩

13:15-13:55 招待講演

 「大規模イベントにおける流動制御支援-誘導・計測・シミュレーション-」
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人工知能研究センター 計算社会知能研究チーム 主任研究員
山下 倫央様

13:55-14:00 休憩(5分)

14:00-15:20 一般講演発表供 15分発表・5分質疑): 座長 飯塚重善(神奈川大学)

ぁNetworked Everything Based on Massive Wireless Multiway Multirelay Networks」
○Mohammad Nur Hasan・Khoirul Anwar(JAIST)
ァ屮┘鵐拭璽謄ぅ鵐瓮鵐箸里燭瓩離好謄ック型インタフェースの基礎検討」
○西川安奈・才脇直樹(甲南大)
Α屮侫ジカルコンピューティングによるバスケットボール練習支援システムの構築」
○筒井 彰・才脇直樹(甲南大)
А屮癲璽轡腑鵐ャプチャを用いた膝アライメントの違いによる運動時のリスク分析」
○藤本 寛(甲南大)・中村浩亮(兵庫教育大)・曽我部晋哉・才脇直樹(甲南大)

15:20-15:30 休憩(10分)

15:30-16:30 一般講演発表掘 15分発表・5分質疑): 座長 金杉洋(東京大学)

─屮ΕД▲薀屮襪併膤粟計測システムの試作と評価 〜ファッショナブルIoTの提案〜」
○笹田安那・時 浩源・才脇直樹(甲南大)
「健康管理のための匂い計測可能なポーチ型ウェアラブルデバイスの開発」
○左右田亜紀・笹田安那・時 浩源・才脇直樹(甲南大)
「新型触感センサを用いた触感カードシステムの基礎検討」
○大島拓也・才脇直樹(甲南大)

16:30-16:40 休憩(10分)

16:40-17:50ライトニングトークセッション(5分発表・5分質疑): 座長 薄井智貴(名古屋大学)

LT 2.4GHz帯域の無線モジュールTwe-Liteを使用した安心安全見守りシステム」
○野中直樹・岩井将行(東京電機大)
LT◆Himawary:太陽追尾機能を有する発電式小型無線センサノード」
○滝 雅史・野中直樹・中下 岬・末吉 佑一・岩井将行(東京電機大)
LT「ガスセンサとSOXサーバを連携したweb上で確認可能な気体監視システムの実装と提案」
○末吉佑一・岩井将行(東京電機大)
LTぁ峅奮愬酳館における多言語間コミュニケーション支援ツールの開発」
○寺西瑞貴・稲葉利江子(津田塾大)
LTァ嶌匈殴螢好APIを基にした細粒度の防災情報可視化システム」
○岩堀哲也・岩井将行(東京電機大)
LTΑ屮瓮妊ア表現に向けた地理空間情報の3次元可視化手法」
○紺野一樹・岩井将行(東京電機大)
LTА崑┿性の伴うイベントを可視化・共有するWebサービス群」
○盒衿人・岩井将行(東京電機大)

17:50-17:55 閉会挨拶   ヒューマンプローブ研究会 委員長 伊藤昌毅

18:00 懇親会 (会場: − 未定(北千住駅周辺) − )

HPB専門委員会:

  • 委員長:  伊藤 昌毅(東京大学 生産技術研究所)
  • 副委員長: 薄井 智貴(名古屋大学大学院 経済学研究科)
  •       飯塚 重善(神奈川大学 経営学部)
  • 幹事:   岩井 将行(東京電機大学 未来科学部)
  •       金杉 洋(東京大学 地球観測データ統融合連携研究機構)

     


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-17 (水) 13:51:29 (799d)