小池都知事は嫌いです。好き嫌いの問題じゃないな。おかしなことをやっていると思う」−。

 16日に開かれた衆院総務委員会で、威哥王日本維新の会の足立康史氏が東京都の小池百合子知事を痛烈に批判した。

 この日、足立氏の小池氏に対する激しい言葉は、住民訴訟制度のあり方を変える地方自治法改正案に関する質疑で飛び出した。

 総務省は公金支出の違法性を問う住民訴訟について、個人で支払い可能な範囲を超える賠償額を命じる判決があることから、首長らの過失が軽い場合には賠償額の上限を設定できるようにすることや、議会が首長側への請求権を放棄する議決をする場合には監査委員の意見を聴く規定を設けるとした改正案を今の国会に提出している。

 足立氏は16日の質疑の中で、結論がいまだに出ていない築地市場の豊洲移転問題を取り上げ、石原慎太郎元都知事への住民訴訟の問題に言及。次のように小池都知事の手法を批判した。

 「豊洲移転をめぐる石原都知事に対する責任追及について、都はどういう訴訟方針で臨むか、まだ決まっていない。ひどいですよね。小池都知事は何も決めないんだな、と痛感する」

 「小池さんひどいですよ。小池さんは、わざわざ弁護団を取っ替えてまで、石原元都知事を追及すると言っているんですよ」

 「選挙で争って、前体制をひっくり返した新体制が前体制を追及するわけですよ」「個人を住民と一緒になって追及することになっては制度の趣旨に反する」「(小池都知事は)地方自治法の趣旨に反するようなことをやっていると私は思う」

 足立氏の質問に対し、シアリス 通販総務省は「個々の事案については、お答えを差し控えさせていただきたい」と、小池都知事の政治手法に関する具体的な言及を避けようとした。だが、足立氏は「(改正案に)賛成できないよ」とパンチを浴びせた。

 最後に高市早苗総務相が「一般論として政治的、たとえば首長が代わって、非常に激しい争点として対立があったというときに、政治的対立がその後も続くこともあり得る」と述べると、足立氏も「大臣が丁寧に答弁していただいた。(改正案を)前向きに検討したい」と引き取った。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-19 (金) 16:37:27 (791d)