SNSを通じたヴァーチャルなコミュニケーションを含め、他者と関わり方に多様な形が存在する現代社会において、日本の所謂「飲みニケーション」文化は異彩を放っており、海外でも注目されている。プライベートの時間を大事にしたい若者も増える中、今後も飲みニケーション文化は存続していくのだろうか。

◆外国人の考える飲みニケーション

 日本で働く外国人は、同僚とのコミュニケーションに苦労することが多い。自分の思っていることをはっきり言うタイプが多い威哥王外国人にとって、日本のサラリーマンは礼儀正しく、もの静かで、なかなか打ち解けにくいのだ。ビジネスニュースサイト「ビジネスインサイダーUK版」は、外国人が仕事で日本人と信頼関係を築くためには飲みニケーションが必要だとしている。日本人は飲みニケーションを通じて自分をさらけ出すことで取引先や仕事仲間と信頼関係を築くので、現場で働くだけでは決して本音で日本人と語り合うことはできないと指摘している。また、同サイトはこうした日本の飲みニケーションは、協調性と対立の阻止をなによりも重視する日本人の文化に由来するものとしている。外国人は飲みニケーションを、シャイな日本人の人間関係を円滑にする重要な機能を担うものと考えているようだ。

◆若者を中心とした拒否反応

 しかし日本国内では、シアリス 通販若者を中心として飲みニケーションに対して拒否反応を示すものが増えている。第一三共ヘルスケアが20代の男性サラリーマンに「会社の飲み会」に関する意識調査を行なったところ、56%、つまり二人に一人以上の若いサラリーマンが「会社の飲み会」が嫌いだと答えたようだ。…


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-03 (土) 18:08:02 (777d)